ヴィトックスαとペニス増大手術の料金比較

いつの世も男性にとってペニスのサイズというものは重要なものです。
大きければ自信にもつながりますし、逆に小さいとコンプレックスにもなります。
古来から男性はペニスの大きさで自分のプライドを確認し、男社会の中で生きてきたといっても過言ではないのです。
最近では医学の発達により整形手術としてペニス増大手術という手段があり、少なくない男性が施術を受けています。
そのほかにも、男性機能の向上や増大に効果があるとされる栄養素を含んだサプリメントも販売されています。
これら二つの方法のうち、どちらが費用対効果という意味でオトクなのでしょうか?
ここでは、典型的な例を中心に、手術とサプリメントという二者の比較をしてみたいと思います。

 

まずは増大手術についてみてみましょう。
原則として、増大手術は健康保険の適用にならず、すべて自費診療となります。
そのため手術費用は高額になりがちなのですが、具体的にいくらくらいかかってしまうのでしょうか?
一般的なクリニックのメニューを見てみると、ペニス増大と一口に言っても、「亀頭増大」、「長茎」、「陰茎増大」など、部位ごとによって名称や料金が異なるようです。
とはいえ、安価な亀頭増大であったとしても施術費用は数万円の話ではなく、20万円、30万円も当たり前のようです。
長茎、陰茎増大などの場合は50万円にものぼる費用が発生することもあるようで、おいそれと手を出せる金額とは言えないでしょう。

 

それでは、サプリメントはどうでしょうか?
今回比較検討するサプリメントとして、ヴィトックスαというサプリメントを用いたいと思います。
ヴィトックスαは、まとめ買いをすることによって安く購入できますが、一番単価が高くなる1箱だけで12800円となります。
今なら1箱購入するともうひと箱ついてくるキャンペーンが行われているので、実質1箱6400円で購入できることになります。
もちろん単純な比較はできませんが、50万円する手術のような効果を、6400円のサプリメントで実感できたら、こんなにコストパフォーマンスが良いことはないですよね。
実際、このサプリメントの利用者の中には、飲用してから5日目くらいに効果を実感した人もいるようです。

 

もっともっとペニスを増大したい、いくらお金をかけても構わない、という人ならば手術という選択肢もあるでしょう。
しかし、手術には費用のほかに、感度低下や後遺症などの心配もついて回ります。
安価で健康的なサプリメントであるヴィトックスαをまずはお勧めしたいですね。