ペニス増大させる方法は何がある?

たとえ短小で悩んでいても、ペニス増大をすることでコンプレックスを解消することができます。
そして、ペニス増大の方法は1つだけではありません。
手術・トレーニング・サプリメント。
それぞれの特徴を理解して、自分に合ったものを選びましょう。

 

手術は、メンズクリニックで行うことができます。
術式はいろいろとありますが、基本的にはどれもその日の内に大きくすることが可能です。
手術における最大のメリットは、こうした即効性でしょう。
今週中にでも大きくしたいというのなら、手術を受けるしかその方法はありません。
しかし手術は、効果が高い分リスクも最も高い方法となります。
手術にはメスを使ったり、また注射をしたりします。
ペニスはぶつけるだけでも痛いのに、そんなことをすると考えただけでゾッとしますよね。
もちろん麻酔はします。
ただクリニックや体質によっては、痛みを感じることもあるでしょう。
また、手術をした痕がペニスに残る場合もあります。
下手なクリニックを選んでしまっては、短小よりもかえって困ったことになったとういうことにもなりかねません。
短小であることは病気ではないので、保険が適用されず治療料金も高くなります。
クリニックや手術の方法により異なりますが、30万以上することもあります。
手術という道を選ぶのなら、クリニック選びは慎重に行いましょう。

 

トレーニングは素手でマッサージを行ったり、器具を使用したりして行います。
これはメスを使用するわけではありませんし、また自分で加減ができますので、手術を行うほど抵抗はないと思います。
しかしペニスに直接的に負荷を与えるわけですから、油断をしてはいけません。
ペニスを痛める危険性があることには、変わりないのです。
また危険を伴う割に時間もかかりますし、割に合わない感はあります。

 

最後に紹介をするのは、ヴィトックスαなどのペニス増大サプリメントです。
サプリメントの最大の利点。
それは安全性にあります。(安全でないものもありますがヴィトックスαは安全です)
ペニスにメスや注射を使用するわけではありませんし、負荷を与えることもありません。
しかもサプリメントは医薬品でもないので、安全に短小を改善することはできます。
デメリットはトレーニングと同じく時間です。
手術ならすぐに大きくなるのですが、サプリメントの場合はやはり3ヶ月以上は考えておかなければいけません。
ヴィトックスαのように5日間で効果が実感できるという触れ込みのサプリメントもありますし、商品や体質によっていくらか差はあります。
しかしいくら早くても、手術ほど確実なものではないのです。
それでも私は、サプリメントをおすすめします。
なぜかというと、安全だからです。
ペニスという箇所を考えると、直接的なリスクを伴う方法はなるべく避けるべきです。
もし傷でもついてしまったら、短小であることよりも人目をはばかることになるのかもしれません。
安全にペニス増大をすることができるのなら、それに越したことはないと思います。
どの方法を選ぶかは人それぞれですが、安全重視という方にはサプリメントだと思います。