ボクサーパンツやブリーフを履くとペニスが小さくなるって本当?

多くの女性がバストアップしたいと思っているように、ペニスのサイズをアップさせたいと思っている人もたくさんいると思います。
自分のペニスの大きさや勃起力、持続力に自信があって何の不満もないという男性は非常に稀ですよね。

 

なかにはヴィトックスαなどのペニス増大サプリを購入してサイズアップを目指そうと考えている人もいるでしょう。
すでにヴィトックスαを試していて、徐々に効果を実感し始めてきたという人もいるかもしれません。

 

日頃からボクサーパンツやブリーフなどタイトなパンツを履いているという人はサイズアップをしたことによって、履いた時に締め付け感を感じる人も出てくるかもしれません。
そうなると、あまり締め付け感のあるパンツを履くのはペニス増大に良くないのではないか?と思う人も出てくるのではないでしょうか。

 

皆さんのなかにもボクサーパンツやブリーフのようなタイトなパンツを履いている人はたくさんいると思います。
トランクスだとペニスや睾丸がブラブラして嫌だという人もたくさんいるでしょう。
しかし、ボクサーパンツやブリーフを履いているとペニスが小さくなるという噂を聞いたことがある人もいるでしょう。
ひょっとしたらその噂を聞いたことがあって、それを信じてトランクスを履いていたり、自宅ではノーパンで生活しているという人もいるかもしれませんね。

 

では、実際はどうなのかというと、ボクサーパンツやブリーフを履いたからといってペニスが小さくなってしまうという心配をする必要はありません。
ただし、強い締め付けを感じる場合はペニスの海綿体組織などの成長の妨げとなってしまう可能性もあるので、締め付けを感じないパンツに変えた方が良いかもしれません。

 

また、パンツを履いた際に睾丸が身体に密着してしまうという場合も、注意が必要でしょうね。
精子をつくっている睾丸は精子が熱に弱いため、体温よりも少し低めが適温になります。
しかし、パンツを履いた際に睾丸が身体に密着してしまって体温と同じ温度になってしまうと、精子をつくるのに悪影響となってしまう可能性があるのです。
このような点を考えても締め付けが強いと感じるパンツを履くのは控えたほうが良いでしょう。

 

以上のことを踏まえますと、ペニスの成長のためにはトランクスがおすすめになりますが、締め付けの強いものでなければ、ボクサーパンツやブリーフなどでも、さほど問題がないということが言えるでしょう。